プーチン、習近平、エルドアン。米国1%の暗殺失敗で敵に回す!トルコ・クーデター未遂の背後にCIA!

プーチン、習近平、エルドアン。米国1%の暗殺失敗で全てを
敵に回してしまった。
 
1%に暗殺されそうになった国家指導者は、それ以降、米国への姿勢
を大転換させます。1%のテロ敢行と失敗が、世界の指導者を怒らせ、
1%を見限る契機となるのです。トルコのクーデター失敗は、トルコ一国
の問題ではない。世界規模の「大規模な地政学的転換」が起きたので
ある。いまや、1%が子飼いの諜報機関の総力を挙げてクーデターを仕
組んでも、情報は事前にロシアに漏れ、即座に対策を講じられてしまう。
逆に泳がせられ、準備不足で中途半端なクーデターを引き起こした途端
に、待ってましたとばかりに制圧されてしまう。結果、トルコ国内のCIA
協力者が一網打尽にされる。これで、今後、中東に於いてCIAがどんな
策謀を行っても、もはや通用しない時代を迎えるに至ったのだ。
★米国の一部のプエルトリコ、デフォルト!「米国が1%により占拠され、富を収奪されている」米国人の覚醒!
★英国のEU離脱で世界の株式市場で3兆ドル以上吹き飛ぶ!米国デフォルト近し!銀行ATMがダウンしてる!
★英国がEUから離脱すると米国1%金融詐欺師集団がこの世から根絶される!米国でクレカやATMが使用不可
★英国EU「離脱」結果も1%裏社会の巨大インサイダー取引が目的だった?最低でも1274億ドルが損失!
★英EU離脱の人類史上における価値!「グローバルなエリートによる今日の支配を拒絶するチャンスでもある」
★英国は実際にはEUを離脱しない?既にEU脱退の「波」はヨーロッパ全土に広がってる!フランスもドイツも
★英EU 離脱確定!歴史が変わる!1ドル99円!世界の歴史が変わる! キャメロン首相、辞任へ!
★英EU離脱不正国民投票が待ち遠しい!英EU離脱で「米ドル崩壊!」を阻止しようと必死の米国1%!
★英EU離脱国民投票!不正がなければ離脱派が圧勝!EU国家デフォルトの連鎖で米国家デフォルトへ!
★米経済破綻は数年後?いや、すでにドル崩壊、リーマン危機の再来、米覇権の瓦解が始まっている!
★どこまで誤魔化せる?ドル崩壊!米国債も米国株も人気なし!中国が米国株を急ペースで大量売却!
★やはり偽旗作戦?オーランド惨事、早くもクライシス・アクターが発見される!そして犯人はゲイだった。
★サウジ王家、ヒラリーの選挙資金20%を負担!ウィキリークス、ヒラリーを訴追するに十分な証拠を出す!
★”米オーランドのゲイクラブで発砲 死者50人に” 一人で50人も射殺?ボストン爆破偽テロの二番煎じ?
★ドル崩壊が急速に迫っている?ソロスが突然、金の買い付けを開始!フードスタンプが「不渡り」で餓死者も!
★FBI、H.クリントン氏のメール捜査を開始!&クリントン夫妻の友人47人が不可解な死を遂げていた!
★「ドナルド・トランプ氏の暗殺計画」が急浮上!元CIA工作員が証言。Xデーは7・18!?水面下で進行中
★1ドル=90円台すぐそこ…止まらぬ円高に日銀打つ手なし!適正水準の1ドル65円が視野に見えてきた!
★トランプ氏、クリントン氏を逆転!次は、米国1%にとって不都合な「ヒラ リー戦争指示メール」の暴露を!
★米大統領不正選挙動向!最終的には「ヒラリー51:トランプ49%」の米国1%裏社会のシナリオですかね?
★米国1%悪鬼による包囲網!トランプ氏は本物!ヒラリーの逮捕が実現すれば「トランプ大統領」誕生の夢が!
★トランプ氏、日本防衛費全額要求 応じなければ駐留米軍撤収の持論!極東の平和の為、撤収お願いします!
★トランプ氏は、本気でネオコン政治を潰そうとしている!民主のクリントン戦争屋が最終偽選挙で僅差で勝つ?
★米情報機関による特別作戦・パナマ文書開示で発狂寸前!狙ったプーチン・習近平でなく英や仏で大騒ぎに!
★パナマ文書で、世界の金の亡者が震撼!日本の大企業は55兆円の課税逃れ!スタバもアップルも電通も!
★パナマ文書のスキャンダルは実際のところ米情報機関による特別作戦である!米国1%の協力者は掲載なし!
★米国名物、不正選挙!米国は、1%のユダヤ系支配者が99%の国民を騙して搾取し、使役してきた国である!
★トランプ氏、在日米軍撤退の意向!トランプ氏の米国第一主義が、我が国と極東にとって最良の結果を生む!
★近づく金融機関の連鎖倒産!シェール企業、利払いに窮してバタバタと逝く!日経もNHKもだんまり!
★TPPをぶち壊し、911真相を暴露し、米国1%の戦争を不能にしてしまうトランプ氏!暗殺未遂の可能性!
★ロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出!ユダヤ米国政府による内部犯行!自国民を大量虐殺
★イルミナティでもフリーメーソンでもない。CFR(外交問題評議会)である。

画像


ではリチャード・コシミズ氏のブログより転載です。

………………………………………………………


【転載開始】


絶望的なトルコ・クーデター未遂の背後にCIA

<< 作成日時 : 2016/07/21 15:36 >>



トルコのクーデター失敗は、トルコ一国の問題ではない。

世界規模の「大規模な地政学的転換」が起きたのである。

いまや、1%が子飼いの諜報機関の総力を挙げてクーデターを仕組んでも、情報は事前にロシアに漏れ、即座に対策を講じられてしまう。

逆に泳がせられ、準備不足で中途半端なクーデターを引き起こした途端に、待ってましたとばかりに制圧されてしまう。

結果、トルコ国内のCIA協力者が一網打尽にされる。これで、今後、中東に於いてCIAがどんな策謀を行っても、もはや通用しない時代を迎えるに至ったのだ。

CIAの陰謀は、多大なる逆効果を生み、1%をさらに弱体化させる結果しか呼び込まなかった。まさに、自爆である。米国1%が、今、我々の目前で自爆し何もかも失って行きつつあるのだ。

日本の1%養豚場の家畜だけは未だに権力を保持しているかのように見えるが。日本の家畜だけでは、何もできないのだ。所詮は「屠殺される未来」しか、選択肢はないのである。


2016/7/21 14:05

★イランメディアによる情報では、未遂に終わったトルコのクーデターの数時間前に、ロシア軍がトルコの諜報機関MITにクーデター勃発の警告を発していた。(エルドガンの命を救ったのはプーチン閣下かも?) ロシア軍が傍受したトルコ軍の通信記録には、エーゲ海のリゾート地マルマリスで保養中のエルドガン大統領を逮捕するか殺害せよというトルコ軍ヘリコプターの会話もあった。 わずか一週間前にロシアとの関係修復に大きく舵を切ったエルドガン政権に対するクーデターの企みは、米国を後ろ盾とするグレン師のブレーンが行った可能性が高く、時が来ればこのクーデターに関与した国々が明らかにされるだろうとエルドガン大統領は述べている。

http://sputniknews.com/russia/20160721/1043373832/russia-warned-turkey-coup-attempt.html http://en.farsnews.com/newstext.aspx?nn=13950430001452

VT

2016/7/21 12:12

絶望的なトルコ・クーデター未遂の背後にCIA

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/cia-e027.html 2016年7月18日 F. William Engdahl

=冒頭= 7月15日夜、トルコ軍将校の集団が、軍事クーデターを行い、トルコを掌握したは発表した。彼らはエルドアンは生きるべく必死で飛行していると主張し、彼らは現在、秩序を回復する過程にあると述べた。これら軍将校と、遥かに離れたバージニア州ラングレーと、トルコの政治工作員フェトフッラー・ギュレンが、CIAの保護のもと亡命して暮らしているペンシルバニア州セイラーズバーグのスポンサーにとって唯一の問題は、彼らが成功しなかったことです。ギュレンに忠実な連中が捨て鉢な、今や明らかに失敗したクーデターの企てを行う中、クーデター策謀の背後には、政治的にしたたかに生き延びる気まぐれな人物で(今も)大統領のレジェップ・エルドアンによる、大規模な地政学的転換という遥かに劇的な物語がある。

以下は、地政学的秩序にとって極めて重要な地域で展開している劇的な出来事の背景に対する一連のQ&Aである。

Q: 軍がクーデターを行った金曜日から、土曜日夜にかけての出来事についての、あなたのご意見は? こうした出来事は、予想可能だったのでしょうか?

WE: クーデターは、エルドアンによる最近の劇的な地政学的転換に対する反応でした。これはCIAに忠実なトルコ国内ネットワークがひき起こしたものです。これは明らかに捨て身の動きで、準備不足でした。

Q: 軍のこのような動きの本当の理由は何だと思われますか?

WE: 軍内のフェトフッラー・ギュレン運動に忠実な将校のネットワークです。ギュレンは、100%CIAに管理されている工作員です。彼は、ペンシルバニア州のセイラーズバーグで、長年亡命生活を送っており、グラハム・フラーのような元CIA幹部や元駐アンカラ・アメリカ大使らから、安全な通行と、永住ビザも得ている。(以下、略)

なんかねえ





【転載終了】


………………………………………………………


【転載開始】


プーチン、習近平、エルドアン。米国1%の暗殺失敗で全てを敵に回してしまった。

<< 作成日時 : 2016/07/20 20:44 >>



1%に暗殺されそうになった国家指導者は、それ以降、米国への姿勢を大転換させます。1%のテロ敢行と失敗が、世界の指導者を怒らせ、1%を見限る契機となるのです。

MH370の北京全人代突入・習近平暗殺失敗。

MH17の誤認撃墜(プーチン専用機を狙ったはずが、酷似塗装のMH機を撃ち落としたウクライナの馬鹿)

エルドアン暗殺失敗

これらの馬鹿丸出し暗殺の連続失敗で、中露トルコを敵に回した純粋馬鹿、米国1%。大誤算でしたね。今後も誤算は続きます。なにもかも失敗の連続です。

卑しいテロを仕掛けて失敗し、とてつもなく深い墓穴を掘ってしまった米国1%。米国1%の崩壊は、自らが呼び込んだ結末です。


2016/7/20 14:39

プーチンさんは正にに生きる伝説ですね。習金平さんはマレーシア機を使ったテロで暗殺されそうになり、その後大きく反ユダ金に舵をきりました。そして今回トルコのクーデターでエルドアンを暗殺しようとしたが失敗、本当にチェスでは無く将棋ですね、命を救われたエルドアンはプーチンさんの持ち駒としてユダ金崩壊の一手になる働きをするでしょう。エルドアンが今回のテロで友人が死んだと涙を見せたそうですが本当は散々ユダ金に利用されて最後は暗殺されそうになった事への悔しさと怒りからの涙かもしれませんね。1%の皆さんもうすぐ詰みですよ、開き直って将棋台をひっくり返すのはやめてね!

suna





【転載終了】


………………………………………………………








世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇]
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

これが真相だ! パリ八百長テロと米国1%の対日謀略
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これが真相だ! パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック