英国は実際にはEUを離脱しない?既にEU脱退の「波」はヨーロッパ全土に広がってる!フランスもドイツも

「ドミノ現象の危険性」
24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したことについて、他国も追随する「ドミノ現象」を起こす危険性があるとする専門家の話を引用し、1面トップで大きく報じた。

6月21日のインディペンデント紙には、国民投票で離脱が決まっても、英国のEU離脱は実際には起らないだろうという記事が書かれました。理由は、この投票結果には法的な拘束力がなく、参考程度のものであり、英国政府はこの投票結果に従う必要性はないというものです。650人の国会議員はそのほとんどが残留を希望しており、最終的な決定は、英国の国会にゆだねることが可能という説明です。俄かには信じがたい理屈だと思いますが。
英国は実際にはEUを離脱しない?議会はまだユダ金の手先議員だら
けだから?さあて、どうでしょうか。既にEU脱退の「波」はヨーロッパ全
土に広がっていますけれど。フランスもドイツもオランダも民族主義の嵐
です。どこの国の人も1%の支配から脱却したいのです。
★英EU 離脱確定!歴史が変わる!1ドル99円!世界の歴史が変わる! キャメロン首相、辞任へ!
★英EU離脱不正国民投票が待ち遠しい!英EU離脱で「米ドル崩壊!」を阻止しようと必死の米国1%!
★英EU離脱国民投票!不正がなければ離脱派が圧勝!EU国家デフォルトの連鎖で米国家デフォルトへ!
★米経済破綻は数年後?いや、すでにドル崩壊、リーマン危機の再来、米覇権の瓦解が始まっている!
★どこまで誤魔化せる?ドル崩壊!米国債も米国株も人気なし!中国が米国株を急ペースで大量売却!
★やはり偽旗作戦?オーランド惨事、早くもクライシス・アクターが発見される!そして犯人はゲイだった。
★サウジ王家、ヒラリーの選挙資金20%を負担!ウィキリークス、ヒラリーを訴追するに十分な証拠を出す!
★”米オーランドのゲイクラブで発砲 死者50人に” 一人で50人も射殺?ボストン爆破偽テロの二番煎じ?
★ドル崩壊が急速に迫っている?ソロスが突然、金の買い付けを開始!フードスタンプが「不渡り」で餓死者も!
★FBI、H.クリントン氏のメール捜査を開始!&クリントン夫妻の友人47人が不可解な死を遂げていた!
★「ドナルド・トランプ氏の暗殺計画」が急浮上!元CIA工作員が証言。Xデーは7・18!?水面下で進行中
★1ドル=90円台すぐそこ…止まらぬ円高に日銀打つ手なし!適正水準の1ドル65円が視野に見えてきた!
★トランプ氏、クリントン氏を逆転!次は、米国1%にとって不都合な「ヒラ リー戦争指示メール」の暴露を!
★米大統領不正選挙動向!最終的には「ヒラリー51:トランプ49%」の米国1%裏社会のシナリオですかね?
★米国1%悪鬼による包囲網!トランプ氏は本物!ヒラリーの逮捕が実現すれば「トランプ大統領」誕生の夢が!
★トランプ氏、日本防衛費全額要求 応じなければ駐留米軍撤収の持論!極東の平和の為、撤収お願いします!
★トランプ氏は、本気でネオコン政治を潰そうとしている!民主のクリントン戦争屋が最終偽選挙で僅差で勝つ?
★米情報機関による特別作戦・パナマ文書開示で発狂寸前!狙ったプーチン・習近平でなく英や仏で大騒ぎに!
★パナマ文書で、世界の金の亡者が震撼!日本の大企業は55兆円の課税逃れ!スタバもアップルも電通も!
★パナマ文書のスキャンダルは実際のところ米情報機関による特別作戦である!米国1%の協力者は掲載なし!
★米国名物、不正選挙!米国は、1%のユダヤ系支配者が99%の国民を騙して搾取し、使役してきた国である!
★トランプ氏、在日米軍撤退の意向!トランプ氏の米国第一主義が、我が国と極東にとって最良の結果を生む!
★近づく金融機関の連鎖倒産!シェール企業、利払いに窮してバタバタと逝く!日経もNHKもだんまり!
★TPPをぶち壊し、911真相を暴露し、米国1%の戦争を不能にしてしまうトランプ氏!暗殺未遂の可能性!
★ロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出!ユダヤ米国政府による内部犯行!自国民を大量虐殺
★イルミナティでもフリーメーソンでもない。CFR(外交問題評議会)である。

画像



ではリチャード・コシミズ氏のブログより転載です。

………………………………………………………


【転載開始】


英国は実際にはEUを離脱しない?

<< 作成日時 : 2016/06/25 08:21 >>



英国は実際にはEUを離脱しない?

議会はまだユダ金の手先議員だらけだから?

さあて、どうでしょうか。

既にEU脱退の「波」はヨーロッパ全土に広がっていますけれど。

フランスもドイツもオランダも民族主義の嵐です。どこの国の人も1%の支配から脱却したいのです。

英国が離脱しなかったら?取り残されます。w

ユダ金が、英国をうまいこと丸め込んだところで、もう手遅れです。



2016/6/25 00:19

6月21日のインディペンデント紙には、国民投票で離脱が決まっても、英国のEU離脱は実際には起らないだろうという記事が書かれました。理由は、この投票結果には法的な拘束力がなく、参考程度のものであり、英国政府はこの投票結果に従う必要性はないというものです。650人の国会議員はそのほとんどが残留を希望しており、最終的な決定は、英国の国会にゆだねることが可能という説明です。俄かには信じがたい理屈だと思いますが。

http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/there-is-an-incredible-theory-that-a-brexit-wont-actually-happen-even-if-the-public-votes-for-it-a7093381.html





2016/6/25 00:57

「ドミノ現象の危険性」

http://www.daily.co.jp/society/world/2016/06/25/0009219889.shtml

【ニューヨーク共同】24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、英国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利したことについて、他国も追随する「ドミノ現象」を起こす危険性があるとする専門家の話を引用し、1面トップで大きく報じた。 記事は「英国が世界に衝撃を与えた」との大見出しを掲げ、英国内の反EU勢力には「めざましい勝利」となる一方で、EUにとっては結束に疑問を投げかける「大惨事」となったと指摘。

とくお





【転載終了】


………………………………………………………








世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇]
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

これが真相だ! パリ八百長テロと米国1%の対日謀略
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by これが真相だ! パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのトラックバック