もう隠せないユダヤ米国の悪行の数々!エボラ・ウイルスはアフリカの黒人人口を削減する為に米国が作った!

エボラウイルスの生産と拡散に、アメリカが関与

アフリカのメディアが、「アメリカと南アフリカが、アフリカの人口を減少させるために、エボラウイルスの生産と拡散に大きく関与していた」と報じました。
エボラ・ウイルスは米国が作った。
目的はアフリカの黒人人口を削減するため。
米軍4000名投入は、エボラ禍収束を阻止し、さらに蔓延させるため。
※アメリカ政府崩壊につながる真実暴露!遂にロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出!!
※プーチン・ ロシアが本格的に911と311の真相に言及し出したら世界の歴史は劇的に変わる!!

画像


ではリチャード・コシミズ氏のブログより転載です。


………………………………………………………


【転載開始】


エボラウイルスの生産と拡散に、アメリカが関与


<< 作成日時 : 2014/10/06 09:32 >>



エボラ・ウイルスは米国が作った。

目的はアフリカの黒人人口を削減するため。

米軍4000名投入は、エボラ禍収束を阻止し、さらに蔓延させるため。

あはは、こんなことも表側メディアには一切出てこない情報ですね。

だが、ユダヤ米国の獰猛で狡猾な性状を知っていると、何も違和感が無い。

騙せるのは創価学会員だけですね。

2014/10/6 09:09

エボラウイルスの生産と拡散に、アメリカが関与

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/48914-

アフリカのメディアが、「アメリカと南アフリカが、アフリカの人口を減少させるために、エボラウイルスの生産と拡散に大きく関与していた」と報じました。

南アフリカの新聞タイムズは、「およそ35年前から知られているエボラウイルスは、2013年末にギニアで広がり、現在はアフリカの広い範囲で深刻な問題となっている」としています。 リベリアの細菌感染症の専門家、ブロデリック教授は、「アメリカは1975年、南アフリカと協力して秘密裏の作戦を行い、現在のコンゴ民主共和国に当たる旧ザイールで、アフリカの黒人の人口を削減する目的で、初めてエボラウイルスの実験を行い、これを広範囲に拡散するための計画を立てた」と語りました。 ギニアのメディアや新聞も、同国の政府や関係者に対し、アメリカ軍兵士の入国を認めないよう求めています。 アメリカは最近、エボラ出血熱対策を口実に、4000名のアメリカ軍兵士をアフリカ西部に派遣すると発表しています。

とくお





【転載終了】


………………………………………………………




世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇]
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


リチャード・コシミズの未来の歴史教科書
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのトラックバック