エボラ患者に早期投与を!ファビピラビル、白木富山大大学院教授が強調!電通さん、報道抑えてますね?

エボラ患者に早期投与を 
ファビピラビル、白木富山大大学院教授が強調


エボラ出血熱の治療薬として、各国で活用が広がる富士フイルムグループの富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「ファビピラビル」。富山化学工業とファビピラビルの共同研究に取り組んだ白木公康富山大大学院医学薬学研究部教授は、エボラ出血熱の患者の治療について「早期投与が大切だ。生存率に大きく影響する」と強調した。
エボラ出血熱は、この薬を発病から6日以内に飲めば、
おそらく全員が生存する?錠剤なので、どんな僻地でも投与できる。
そう、富山大学の教授が言っている。
では、なぜ、メディアは大々的に取り上げないのか?
ユダ金が最後の攪乱作戦に使っている生物兵器なので、「対策はない」
ことにしておかないとまずいですよね、電通さん。
★エボラ患者が富山化学の未承認薬で回復、退院!ロシアでエボラ出血熱のワクチン開発!報道少なっ!!
★「米国が作ったウイルス」エボラ出血熱!ロシアが迅速にワクチンを開発!日本マスゴミ報道しないの?
★もう隠せないユダヤ米国の悪行の数々!エボラ・ウイルスはアフリカの黒人人口を削減する為に米国が作った!

画像


ではリチャード・コシミズ氏のブログより転載です。


………………………………………………………


【転載開始】



エボラ患者に早期投与を ファビピラビル、白木富山大大学院教授が強調

<< 作成日時 : 2014/10/16 15:28 >>



富山化学のファビピラビルはインフルエンザの治療薬だけれど、ウイルスの細胞内増殖を阻害するタイプの新薬。

同じRNAウイルスのエボラに著効性あると思われる。

エボラ出血熱は、この薬を発病から6日以内に飲めば、おそらく全員が生存する?

錠剤なので、どんな僻地でも投与できる。

そう、富山大学の教授が言っている。

では、なぜ、メディアは大々的に取り上げないのか?

ユダ金が最後の攪乱作戦に使っている生物兵器なので、「対策はない」ことにしておかないとまずいですよね、電通さん。

ということで、このニュース、他社は黙殺するでしょうが、英語のわかる諸君、ネットでこの情報思い切り流してください。

「日本に決定的治療薬があるのに、俺たちをわざと殺すのか!」とアフリカの諸君が暴動を起こします。

さあ、ユダ金さんの腕のみせどころ。ハドソン川飛び込み大会の話ですよ。「また、日本人にやられたー」ですかね。座間を見てください。

P.S>:「試しにCDCが患者に使ってみたが、患者は死んだ。よって使えない。」とか、やりそうですね。なにしろ、悪魔ですから。


エボラ患者に早期投与を ファビピラビル、白木富山大大学院教授が強調

北日本新聞 10月16日(木)1時11分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00009889-kitanihon-l16

ファビピラビルの早期投与の大切さを強調する白木教授=富山大杉谷キャンパス

エボラ出血熱の治療薬として、各国で活用が広がる富士フイルムグループの富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「ファビピラビル」。富山化学工業とファビピラビルの共同研究に取り組んだ白木公康富山大大学院医学薬学研究部教授は、エボラ出血熱の患者の治療について「早期投与が大切だ。生存率に大きく影響する」と強調した。

白木教授によると、エボラウイルスに感染した場合、2~21日の潜伏期間を経て頭痛、嘔吐(おうと)、出血などの症状が現れる。感染から6日経過すると、体内のウイルス量が増加し、発熱や肝機能障害が起きるという。
エボラウイルスに感染させたマウスを使った実験では、感染から6日後にファビピラビルを投与した場合、8日経過しても5匹全てのマウスが生き残った。

一方、感染から8日後に投与したマウスは、症状に改善傾向がみられたものの、生存率は0%だった。白木教授はマウスと人間の病態は異なるとした上で「人間の場合は遅くとも、発熱が始まった日からの投与開始が望ましい」と推測する。

ファビピラビルは錠剤のため、へき地でも服用しやすいことや、耐性ウイルスができにくいというメリットも指摘。エボラ出血熱に感染し、ファビピラビルを含め複数の薬を投与されたフランス人女性看護師が回復しており「一例一例の積み重ねで有効性が評価され、世界の医療に貢献できれば喜ばしい」と話した。(経済部・湯浅晶子)

■細胞内増殖を阻止

ファビピラビルは、これまでのインフルエンザ治療薬とは異なる作用メカニズムを持つ。
ウイルスが細胞に入り込むと、感染した細胞内で1万個以上に増殖する。増殖したウイルスは細胞外に放出され、他の細胞にも感染を広げる。

タミフルなどの既存薬は、増殖したウイルスが細胞外に放出されるのを防いで感染拡大を抑制するのに対し、ファビピラビルはウイルスの細胞内増殖を直接阻止することができる。ウイルスが細胞内で複製を作る際に必要とする酵素「RNAポリメラーゼ」を阻害する働きがあるためだ。

効果にばらつきはあるものの、エボラ出血熱やラッサ熱といったインフルエンザと同タイプの「RNAウイルス」に、効果が期待されるという。

◆ファビピラビル◆

富山化学工業が富山事業所(富山市下奥井)で、抗ウイルス剤の研究によって見いだした化合物。開発番号T-705、商品名アビガン錠200ミリグラム。インフルエンザ治療薬として、ことし3月に日本国内で製造販売承認を取得した。エボラ出血熱の治療薬としては、富士フイルムの提携先の米製薬企業メディベクターが、米食品医薬品局(FDA)と協議の上、治験に向けた準備を進めている。フランス政府とギニア政府も、11月からギニアで臨床実験を検討している。
.
北日本新聞社

最終更新:10月16日(木)6時6分





【転載終了】


………………………………………………………





世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇]
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


リチャード・コシミズの未来の歴史教科書
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのトラックバック