イスラエルがシリアをミサイル攻撃。ユダヤ米国経済支援目的ですか?

<イスラエル>シリアに砲撃 ゴラン高原への着弾に警告

【エルサレム花岡洋二】イスラエルが占領するシリア領ゴラン高原で11日、シリア側から飛来した迫撃砲弾が着弾し、イスラエル軍は警告のため、シリア側にミサイルを撃ち込んだ。イスラエルがシリアを砲撃するのは73年の第4次中東戦争以来初めて。双方に死傷者はなかった。ロイター通信が報じた。

おやおや、米国ユダヤ金融悪魔の自転車操業を支援し
ドルを防衛するため、イスラエルがシリアに戦争を仕掛け
中東戦争捏造へとコマを進めるのですか?

ではリチャード・コシミズ氏のブログより転載です。

………………………………………………………


【転載開始】

イスラエルがシリアをミサイル攻撃。ユダヤ米国経済支援目的ですか?

<< 作成日時 : 2012/11/12 20:56 >>


おやおや、米国ユダヤ金融悪魔の自転車操業を支援しドルを防衛するため、イスラエルがシリアに戦争を仕掛け中東戦争捏造へとコマを進めるのですか?

そもそも「シリア側からの着弾」自体が、シリア領に入ったイスラエル軍の仕業である可能性が大のような気がするのですが。

そういえば911内部犯行を口実にアフガン、イラクを攻めた国がありましたね。

<イスラエル>シリアに砲撃 ゴラン高原への着弾に警告
毎日新聞 11月12日(月)20時23分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121112-00000063-mai-int

【エルサレム花岡洋二】イスラエルが占領するシリア領ゴラン高原で11日、シリア側から飛来した迫撃砲弾が着弾し、イスラエル軍は警告のため、シリア側にミサイルを撃ち込んだ。イスラエルがシリアを砲撃するのは73年の第4次中東戦争以来初めて。双方に死傷者はなかった。ロイター通信が報じた。

迫撃砲弾はシリア政府軍と反体制派の戦闘の流れ弾とみられる。5日にも、シリア側からの流れ弾が、ゴラン高原を走行中のイスラエル軍車両に当たる事件があった。

ゴラン高原では両国の間に非武装地帯が設けられ、日本の自衛隊も加わる国連兵力引き離し監視軍(UNDOF)が活動している。



【転載終了】


………………………………………………………



第三集・世界の闇を語る父と子の会話集
リチャード・コシミズ
リチャード コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 第三集・世界の闇を語る父と子の会話集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのトラックバック