米国ユダヤ侵略軍は、太平洋沖の海底で核兵器を爆発させて地震・津波を起こした。

魚のセシウムなぜ下がらない 国、汚染源や経路調査へ

あの~政府のマヌケの皆さん、
いくら調べてもわからないはずですから、
無駄に調査をするのではなく以下を読んでください。
一発で全て解決です。

ではリチャード・コシミズ氏のブログより転載です。

………………………………………………………


【転載開始】

「魚のセシウムなぜ下がらない 国、汚染源や経路調査へ」

<< 作成日時 : 2012/11/10 22:50 >>


「魚のセシウムなぜ下がらない 国、汚染源や経路調査へ」

あの~政府のマヌケの皆さん、いくら調べてもわからないはずですから、無駄に調査をするのではなく以下を読んでください。一発で全て解決です。

1.米国ユダヤ侵略軍は、太平洋沖の海底で核兵器を爆発させて地震・津波を起こした。

2.よって、震源域の海底の土壌や底魚などからは、いまだに核分裂生成物のセシウム137が検出されて何も不思議はない。またマグナBSP社による4号炉小型核爆発により福島原発付近の河川がセシウム汚染していると思われるゆえ、ヤマメ、イワナの汚染も不思議は無し。

3.米国ユダヤ侵略軍は海洋の核汚染の原因を福島原発からの汚染水の流出だと偽装しているが、原子炉内の反応によって生成されるのはセシウム134であり、137ではない。恐らく、今後専門家が調べるうちに137が検出されていることが説明できなくなるであろう。

4.137は核実験のあとに放射性降下物として残り問題となるが、半減期が30年と長いから、今後も検出されるはず。(一方で、本来原発事故で生じるはずの134の方は半減期が2.0652年と短く、もはやほとんど検出されなくて当然。今、高い濃度で見つかっているのは原発事故由来では説明できない137の方であろう。)

はい、では税金の無駄使いをやめて米国ユダヤ人を縛り首にする準備の方にお金とお時間をお使いくださいい。

●魚のセシウムなぜ下がらない 国、汚染源や経路調査へ
朝日新聞デジタル 11月10日(土)18時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121110-00000033-asahi-sci

【石塚広志】東京電力福島第一原発事故から1年を過ぎても一部の魚から高濃度の放射性セシウムが検出されていることから、国の総合科学技術会議は、汚染源や汚染経路の解明を目指した緊急調査を実施する方針を決めた。

事故後、水産庁などが魚を約2万検体調べたところ、セシウムの濃度は低下傾向にあった。だが、海産魚では今年8月、原発から北に約20キロ離れた沖合でとれたアイナメ2匹から、事故後の魚介類調査では最高値の1キロあたり2万5800ベクレルが検出された(食品基準は100ベクレル)。

川魚でも、3月に飯舘村の新田川のヤマメから1万8700ベクレルが検出された。ヤマメやイワナはその後もセシウムの濃度が下がらず、福島県や周辺各地で出荷制限が続いている。

朝日新聞社


【転載終了】


………………………………………………………



3.11同時多発人工地震テロ
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3.11同時多発人工地震テロ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのトラックバック