3.11 日本 『真実には力がある』

アクセスカウンタ

zoom RSS 加速する反日・安倍政権!沖縄・高江で取材中の琉球新報、沖縄タイムス記者を警察が拘束!報道の自由侵す!

<<   作成日時 : 2016/08/28 23:56   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

沖縄・高江で取材中の琉球新報、沖縄タイムス記者を警察が拘束!
「報道の自由」侵す暴挙も中央マスコミは一切無視(LITERA)


もはや沖縄は民主主義が守られない公権力の無法地帯であり、安倍政権による沖縄いじめはすでに、ここまで極まっているのである。しかし、事件そのものもさることながら、驚愕すべき事態がその後に待っていた。警察が記者を拘束するという報道の自由が脅かすこの大事件に対し、大手メディアはこれを完全に無視したのだ。
★加速する反日・安倍政権!五輪やマリオで国民が浮かれてる間に進行する悪事の数々!年金詐欺も本格化!
★リオ五輪閉会式 安倍首相の“スーパーマリオ”に非難と嘲笑!よっ、不正選挙偽総理!
★「今が日本史上最悪の時です。だが、暗闇に一筋の光が差しています。」RK必見動画!大阪定期講演会!
★アベノミクスの大惨事を隠蔽するためにGDP改竄!1%支配の米国を見習いゴロツキが国家を支配する日本!
★できる事を何もしないで国民にシワ寄せを強要する安倍一味!高齢者の生活保護5割!公的年金は機能不全!
★今日は、終戦記念日です。自然に起きる戦争はない。誰かの利益のために戦争は起こされる。
★日本と世界の真の構造が丸わかり!リチャード・コシミズ包囲作戦を裏社会が展開中!RK言説に真実あり!
★消されてしまったリチャード・コシミズWikipedia!日本と世界の裏社会が隠蔽したい真実の宝庫!
★不正国家日本!小池妖怪当選の嘘!鳥越氏が70%得票でダントツの一位であったことは、必ず明るみに出る!
★国賊、売国奴の安倍米国1%奴隷一味、皇室典範改正で、憲法改正が後回しになるのを避けたいのが本心!
★天皇陛下のお言葉を要約すると。.安倍一味の憲法改正して日中戦争を引き起こそうとする企ては許さない!
★天皇陛下が生前退位の意向!2018年まで憲法改正ができなくなる?安倍不正選挙政権の暴走を止める!?
★稲田朝鮮統一教会50過ぎてコスプレ防衛相の言葉「血を流さなければ国を護ることなんてできないんです!」
★生前退位。陛下の8月8日のお言葉の前に、裏社会が良からぬことを企んでいる恐れがあります。要警戒です!
★皇室テロの事前準備に『ポケモンGO』を使う?皇居がポケストップに指定されている!その数30箇所以上!
★8.1東京エアー地震!「マグニチュード9の地震」との誤報で東京都民パニック!起こす予定が失敗した?
★不正都知事選!小池、増田、鳥越候補者の開票区ごとの得票数の比率が殆ど一定の比率に!エクセル式!
★不正都知事選!6月17日の段階ですでに米国情報関係者周辺では「次はユリコね」という会話がされていた!
★やはり、支持率は捏造されていた!「不正世論調査」「不正支持率」「粉飾支持率」さすが、不正選挙内閣だ!
★安倍政権による沖縄いじめが異常! 150人の村に500人の機動隊!「やると言ったらやる」と民意無視!
★米国1%の傀儡・安倍一味、沖縄で暴走!鎌倉では横断幕に「安倍ヤメロ!!」「911は米国政府の仕業」!
★安倍一味が本性を現して、沖縄で工事強行!しかし本土マスコミは一切報道せず!所詮は、米国戦争屋の手先!
★「安倍晋三に一泡吹かせてください。独裁をやめさせてください」 大橋巨泉氏の最後の言葉!沈黙のメディア

★「支持されていない安倍自民党が圧勝したのは驚くべきこと」とスプートニク!だって「不正選挙」ですから!
★7.10参院不正選挙!宮城県富谷町の勇士の録音!筆跡酷似票多数等を理由に「点検印押印拒否」!
★米国国家破綻が早いか、憲法改悪が早いか?ドル防衛の為の第4回不正選挙!天皇陛下の生前譲位の御心!
★日本が1%にとって「最後の砦」!世界中で1%と決別する動きが活発化!日本という傀儡を失えば、壊滅!
★政権&メディアによる大規模な不正選挙!国家反乱罪・内乱罪は死刑なり!これから追及が始まる!
★やったな、大規模な不正選挙!国民の怒りを爆発させる理不尽な犯罪行為!これから、大騒ぎです!
★不正選挙前夜!ところで、三宅洋平さんが不正選挙に関して明確に言及していますよ!マジックで書いて投票!
★超ド級台風1号、選挙日を選んで来襲?参院不正選挙:自民党が独自に集計したら「かなり厳しい結果が」!
★不正選挙、仕込み中!安倍政権、5兆円の年金損失判明!安倍はFacebookで「損失はデマだ」と大嘘!
★不正選挙実行前、必見動画!!2016年7月1日リチャード・コシミズ+姫井由美子 池袋緊急講演会動画!
★不正選挙、仕込み中!メディアに参院選を報道させない!期日前投票は大幅に増えたと偽装、中身をすり替え!
★「不正支持率」「不正選挙」だけが頼りの安倍政権!国民の怨嗟の声「ふざけんな! 自民党はダメだ!」
★不正選挙、仕込み中!「大きな不正をやるから、なるべく、参院選を報道するな、国民に関心を持たせるな」!
★安倍政権の生命線は不正選挙!期日前投票が、過去に比べて倍増している?「水増ししている」の間違いです!
★安倍が演壇に立つと、帰れコールが掛かる!帰れコールを恐れて、野党支持者の集まる遊説会場では逃亡!


画像

<米軍ヘリパッド>緊張続く高江 「N1」周辺などで抗議活動(沖縄タイムス)



ではLITERAより転載です。

………………………………………………………


【転載開始】


沖縄・高江で取材中の琉球新報、沖縄タイムス記者を警察が拘束!「報道の自由」侵す暴挙も中央マスコミは一切無視

2016.08.25



 安倍政権が現在、強権的に進めている沖縄県の東村高江米軍北部訓練場ヘリパッド建設工事。連日、工事に抗議する住民らが必死の抵抗をつづけているが、先日20日、信じられないような事件が発生した。

 なんと、市民による抗議活動を取材していた琉球新報と沖縄タイムスの記者2名が、警察によって強制的に拘束されたのだ。

 この日は約50人の市民が工事のための砂利を積んだ車両の搬入を止めようと県道70号にある高江橋の上に座り込んでいたが、そこに約30人の機動隊が現れ、次々に市民を力づくで強制排除した。そのなかに記者もおり、社の腕章を見せて自分が記者であることを訴えたが、聞き入られることなく、〈背中を強く押されながらバスとバスの間に連れて行かれ、すでに拘束されていた市民ら15人と一緒に押し込められた〉(沖縄タイムス記事より)という。

 しかも、沖縄タイムスによると、〈県警に「取材中である」ことを訴えると、一度は解放された〉のだが、解放されて約10分後には別の機動隊員が記者を再び拘束したのだ。

 これは明確な取材活動の妨害であり、憲法に保障された報道の自由を奪う常軌を逸した行為だ。しかも、このように警察が力に任せて報道記者を拘束することは、私たちの知る権利も踏みにじっている。もはや沖縄は民主主義が守られない公権力の無法地帯であり、安倍政権による沖縄いじめはすでに、ここまで極まっているのである。

 当然、琉球新報も沖縄タイムスも警察に対して抗議しており、23日には沖縄タイムスが石川達也編集局長名で抗議声明を発表。琉球新報も、21日付の記事で普久原均編集局長が以下のように述べている。

〈本紙記者は琉球新報の腕章を身に着け、住民の抗議行動を記録するための正当な取材をしていた。現場には県民に伝えるべきことがあった。警察の妨害によって、その手段が奪われたことは大問題だ。警察官が記者を強制的に排除し、行動を制限した行為は報道の自由を侵害するもので、強く抗議する〉

 しかし、事件そのものもさることながら、驚愕すべき事態がその後に待っていた。警察が記者を拘束するという報道の自由が脅かすこの大事件に対し、大手メディアはこれを完全に無視したのだ。




 この事件を報じた沖縄以外のメディアは、ブロック紙である東京新聞が23日付の「こちら特報部」が〈警察 報道の自由侵害〉というタイトルで大々的に報道。あとは地方紙の信濃毎日新聞や高知新聞が社説で事件を取り上げ、〈取材活動の妨害であり、見過ごすわけにいかない。(中略)経過を説明して責任の所在を明らかにするよう、政府に求める〉(信濃毎日新聞)などと政府の姿勢を糺した。

 だが、その一方で大手メディアは 22日付で共同通信が短く報道したのみ。24日現在、読売や産経はいわずもがな、朝日や毎日までもが一行も記者拘束の事実を伝えていないのだ。

 本来ならば、報道の自由を脅かす事件が起これば、保守もリベラルも関係なくペンで抗議を展開するべきだが、今回はそうした動きもなく、しかもリベラル寄りの朝日や毎日でさえ沈黙する。──これは一体、何を意味しているのか。

 それは、“中央”のメディアがいかに沖縄を軽んじているという現実だ。いま、高江で起こっていることは、一地方の市民運動などではない。選挙によって再三示してきた「基地はいらない」という沖縄の民意に対し、時の政権が牙を剥き出しにし、ためらいもなく民主主義を徹底的に破壊しにかかるという、とんでもない暴走が繰り広げられているのである。

 現に安倍政権は、約150人の住民しかいない村に全国から500人以上の機動隊を集結させ、米軍属による女性暴行殺人事件後の防犯パトロールとして派遣した防衛省の約70人の職員を高江の反対派市民の警備に就かせている。さらに抗議の現場では、昨日も70代の女性が押し倒され後頭部を打ち出血、救急車で搬送され、40代の男性は5〜6人の機動隊員に囲まれた挙げ句、公務執行妨害で逮捕された。他方、同じ日に安倍政権は参院選で落選した島尻安伊子前沖縄担当相を大臣補佐官に任命した。

 公然と警察が暴力をふるい、不当な弾圧を続け、ついには報道の自由も認めない……。このように民主主義が奪われた“最前線”で何が起こっているのかを伝えないということは、結局、中央の大手メディアも政府と同じく「沖縄は我慢しろ」と強いている証左だろう。

 昨年、菅義偉官房長官の質問の中で、時事通信社の記者がこんなことを言った。記者は、那覇空港第2滑走路建設事業の工期短縮に“協力しない”沖縄県議会を「国として見限っていいような気がする」「そんな連中はほっといてもいいと思う」と述べたのだ。

「そんな連中」「国として見限ればいい」。中央の大手メディアで胡座をかき、「公平中立」などと言いながら政権の顔色を伺う記者たちは、この時事通信社の記者と同じような気持ちで沖縄を捉えていたのではないか。だからこそ、報道の自由の危機にもっとも敏感に反応しなくてはいけない時に、ペンを握ろうとしない。それどころか政府と同調し沖縄いじめに加担する。そんなふうにしか思えない。

 大手メディアのこうした態度もまた、この国がいかに民主主義の危機的状況にあるのかを伝えているのである。
(水井多賀子)





【転載終了】


………………………………………………………









世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

3.11同時多発人工地震テロ
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 3.11同時多発人工地震テロ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

12・16不正選挙
リチャード・コシミズ
リチャード・コシミズ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 12・16不正選挙 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界
成甲書房
リチャード・コシミズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
加速する反日・安倍政権!沖縄・高江で取材中の琉球新報、沖縄タイムス記者を警察が拘束!報道の自由侵す! 3.11 日本 『真実には力がある』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる